読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しい目をしたマユゲ犬2.0

音楽制作・読書・ゲーム・時々マジック


オリジナル・アレンジ楽曲をpixiv BOOTHで販売中。

ピンキーシフトのマニアックな使い方/Zoso Changeを考える

うっかり1年近く経ってしまったようですあばばばば。今回はただのネタです。


ピンキーシフトのマニアックな使い方

ピンキーシフトはk_motonari氏考案の技法です。ご本人のサイトはこちら。http://asupa.exblog.jp/

ピンキーシフトは本来極めて有用な技法ですが、ご覧の通り今回はただのネタです(大事なことなので2度言いました)。ボトムから2枚目にコントロールという、使い所とコメントに困る間違った応用例。リフルでカバーも出来ますが、映像では敢えてしてません。
一応フォローしておくと……

    • 利点
        • ブレイク不要
        • 手元を見なくても出来る(狙いを定めなくていい)
    • 欠点
        • 音がでかい
        • 3枚以上のシフトは厳しい
        • べつに使わなくてもいい


結論:フォローできなかった。


Zoso Changeを考える

もうタイトルからしてネタ色が濃くなりました。いいんです、今回はただの(略

カラーチェンジなのに結局元に戻る、というのがしっくり来なくて色々試したんですがダメでした。そもそも前提となるコンセプトが間違っているような気がしますが、気のせいということに。もうちょっとソフトなタッチにしたい……。
中身について。Cardini Changeっぽい見た目ですが異なり、要はひたすらパームというムダな力技なので特に解説は無し。「もうこれZoso Changeじゃないよね」というツッコミも無しで。私もそう思います!
結論:Erdnase(Houdini) ChangeとかCardini Changeとか他にも星の数ほど色々あるからそっちを使え。


今回からAviUtlを使い始めましたが、奥が深すぎて一朝一夕ではムリですね。