読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しい目をしたマユゲ犬2.0

音楽制作・読書・ゲーム・時々マジック


オリジナル・アレンジ楽曲をpixiv BOOTHで販売中。

藤原ここあ「妖狐×僕SS 11巻」「かつて魔法少女と悪は敵対していた。1巻」

マンガ

読了。またひとつ私の好きな作品が終わってしまいました……。
今までの伏線をきっちり活かして奇を衒わずストレートにまとめて大団円といった印象。今までも全てのキャラクターに対して心情など掘り下げが深かったので、最終巻の読後にありがちな喪失感とかは大分薄まったかなと。欲を言えば各CPのその後のイチャコラっぷりを見てみたい気もします。個人的見所は野ばらさんの赤面シーン。うはあごちそうさまです。読了。ま○か☆マギカ以降魔法少女が夢も希望もない存在になってきたような気がしますが、本作も幸薄すぎる魔法少女が主人公。孤児院から始まり義務教育終了後はバイトと掛け持ちで魔法少女をして悪と戦いその日の食事にも事欠く始末、ついでに契約(?)した淫獣がヤ○ザと関わってたり、スライムというかどう見ても触手に襲われている姿を淫獣にビデオに撮られてエロビデオとして売られそうになったり、あれ、これってまどか☆マ○カよりひどい。因みに作中にまどマギネタもこっそりあることから多分確信犯でしょう。
んで恋するのが敵対する悪の参謀ですが初っ端からデレ全開でもうカオスの至り。四コマ漫画と言ってますが後半は四コマじゃなくなったりとフリーダムにも程がある作品となっています。今までありそうでなかった組み合わせが面白すぎて、妖狐×僕SSの感動を返せ!w
1巻からして既にデレデレですが、悪の幹部メンバーや魔法少女の仕組みの謎など今後も期待しまくれる内容でした。