読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しい目をしたマユゲ犬2.0

音楽制作・読書・ゲーム・時々マジック


オリジナル・アレンジ楽曲をpixiv BOOTHで販売中。

AKG Y23(カナル型イヤホン)

DTM 音楽

PS Vita用に購入。簡単にレビュー、というかただの感想でも。

今まではSennheiser MX560*1を使っていて、これは良い意味で価格と釣り合わない、ローからハイまで大変素晴らしい音楽的なバランスで鳴る掘り出し物だったんですが、私の耳の穴には大きくて合わず、30分もすると耳が痛くなってどうしようもなかったので、折角なのでカナル型を試してみることに。カナル型は初なので心配でしたが、結論から言うと杞憂でした。長時間使用しても全く疲れません。カナル型独特の圧迫感は……慣れですかね。
さて問題の音質ですが、費用対効果という意味では文句のつけようがないくらい素晴らしいです。国産メーカーとかにありがちな、非音楽的なドンシャリとかそういうことは全く無く、欧州メーカーらしくローからハイまでバランスの良い、極めて音楽的な鳴り方をします。この辺はAKGの面目躍如といったところ。バランスを最も把握している自作曲を聴いても、普段使用のモニタヘッドフォン(HA-MX10-B)とさほど遜色ないバランスで聴こえるので、ポテンシャルは相当高いと思います。
気になるのは、カナル型の宿命だと思うのですが、耳のベストポジションの範囲がやたら狭いことですね。この機種は、華奢な見た目からは想像もできないくらい低音から高音までクリアに出るのですが、うっかり耳に深く突っ込み過ぎるとローが出過ぎてハイが落ちたり、本来のバランスでは鳴りません。逆もまた然り。適切なイヤーチップと耳の位置を探すのがまず先決でしょう。
タッチノイズはもうしょうがないんじゃないですかね。いわゆるシュア掛け(耳の裏側にイヤフォンのコードを通すアレ)も現状ではコードの巻癖が強くてちょっとしづらいです。後日追記:シュア掛けでタッチノイズは大分軽減されます。あと耐久性はあまり高くなさそう……。シリコンのイヤーチップも妙にペラペラでちょっと心配になりますが、値段相応だと思います。
まとめ。¥4,000強の価格帯としては信じられないくらい大変素晴らしい音質です。オススメ。

*1:現在はディスコン