読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しい目をしたマユゲ犬2.0

音楽制作・読書・ゲーム・時々マジック


オリジナル・アレンジ楽曲をpixiv BOOTHで販売中。

デイグラシアの羅針盤 感想・考察

去年買ったのに今頃クリア。うん、いろいろごめん。





とんでもない作品に出会ってしまった……と勢いでうっかり向こうで感想書いてしまったのですが、最近の同人ノベルゲー(シナリオ面)としてはぶっちぎり最高峰と言ってもいいくらい良質だったので、是非。個人的には月姫、ひまわり、フリックドロップに連なるくらい感心しました(これがどれくらいの衝撃か今の世代にはわかりづらい気がする……)。
各種同人ショップ他、amazonでも購入できます。書きたいこと色々あった気がするんですが、言いたいことは上記で端的に書いてしまった気がするので、考察という名の妄想でも。
以下ネタバレ上等なので未プレイの人はご注意ください。









<ここから>

さて本題。上記にもありますが、私が気になったのは「決定された未来はどこ?」という点ですね。
状況証拠から順を追ってなるべくわかりやすく、且つ論理的に進めてみたいと思います。


<正史はどれか。>

  • VRシミュレーションの可能性があるのは2033年8/1~8/4までの船内記録
    • この時点では本編1~3周目どれも当てはまる
  • シミュではない客観的事実
    • すなわち、作中イントロ、EXTRA、白い部屋
    • 白い部屋の話では、最終的な生存者は2名(=主人公と縁)
  • 2周目が1周目を踏まえたシミュによる選択肢増加とその結末であることは、2周目ラスト・白い部屋で明らか
    • 2周目ラスト白い部屋、主人公の「何故またあなただけ生き残るんだ!」発言等がそれを証明
    • つまり2周目だけはシミュであることほぼ確定

<じゃあ正史は1周目と3周目どっちよ?>

  • 光理のEXTRAだけを除き、他のEXTRAの内容はどのルートに対しても無矛盾
  • 光理のEXTRA(=客観的事実)のみ、一瀬視点で3周目の結末を踏まえている
    • 参照根拠:一瀬がオニキスを入手した過程
      • 8/4深夜に、破損したアルゴフロートに取り付けられたオニキスを発見
  • ならば3周目が正史か?
    • 作中イントロでは風の島が破損していない
      • 少なくとも作中での破損描写はないし、もし破損しているならば"彼"がそれに全く触れないのは不自然
    • このルートにおける最終的な生存者は最低でも6名(光理のみ不明)
    • 客観的事実との矛盾
  • 白い部屋による2周目ラスト・縁の発言及び新聞による報道(=客観的事実)において、生存者は2名「のみ」
    • 正規乗員ではない光理などはともかく、6名が生存していた場合、正規乗員である柊乃、灯理、ときわ等を第三者機関の報道でカウントしない理由はない
      • ただしCOOSやアリスに感染してる場合のみ、感染者はROMLESにより存在をもみ消される可能性はある
    • 3周目が正史とすると、真実を体験している主人公に対して、各ルート白い部屋での縁も生存者2名と改めてわざわざ言う必要性は本来ない
    • 3周目が正史とすると、そもそも白い部屋でのカウンセリングのようなシミュを行う動機が弱くなり(2人だけ生き残った結末に納得出来ないからこそシミュを行った)、「生存者2名」とも矛盾する
  • よって3周目が正史ではない、つまり3周目はシミュの可能性高

<ならば1周目?>

  • 2周目はシミュ
  • 3周目が正史とすると前述により客観的事実との矛盾
  • よって正史は1周目しか残らない?
  • では本当に1周目が正史か?
    • 1周目では潜水服を着たときわにオニキスを直接持たせた
    • ときわと直接会うことでしかオニキスの情報が得られない
    • ときわに会うには8/4の風の島04:00以降でしか接触不可
    • ならば一瀬の事前によるオニキス入手過程はどこ?(=光理のEXTRAと食い違う)
    • このルートにおける風の島爆発の原因は?
    • 客観的事実との矛盾
  • よって厳密な意味では正史不明 生死不明だけに

<どう解釈すべきか?>

  • 1周目が概ね正史(=船内記録)で、その上で主人公のシミュが一部混じっているのではないか?あるいは3ルート全てがシミュ?
    • つまり、本当に正確な正史は、作中では通しで語られていない可能性説
  • 実はシナリオ構造上におけるただの矛盾
    • 個人的にはあんまり採用したくない説(論理的じゃないな)

<矛盾解消の余地は?>

  • 1周目が正史とすると、一瀬のオニキス入手過程とその時刻が問題
    • ときわが潜水服で浮上中に、手に持ったオニキスを「偶然通りがかった」「破損したアルゴフロート」に「取り付けた」?
      • →仮に成功しても、実際の時間軸での経過時刻説明が苦しい
  • 3周目が正史とすると、生存者の数が問題
    • 縁と主人公以外、「救出後」に「何らかの原因」で「全員死亡」した?
      • →作中を踏まえた根拠に乏しく、単なる想像の域を出ない

<結論>

というわけで私の結論は「正解がない」
つまり、「最初から制作者はパッケージで答えを言っていた」
綺麗に戻ったね!HAHAHA!
orz


私の残念なおつむによる記憶を頼りに書いたので、どこか間違ってるかもしれません。これに対する訂正とかツッコミとか、どなたか頼みます。